八王子市で家を建てるなら、安心の保証制度のある | アビリティーホーム

生涯のアフターフォロー

お客様と一生涯のお付合いをお約束します

住宅業界はお客様とのトラブルが多い業界です。
「見積もりと請求金額が違う」
「欠陥があっても対応してくれない」
「建てた後は知らんぷり」  など
このような話を聞くことは、同じ建設業界で仕事をするものにとって、本当に悲しいことです。

当社では、実際に住まわれてから不具合が生じないように、細心の注意をはらって住宅建設を行うことはもちろんですが、家をお引き渡した後からが本当のお付き合いが始まるのだと考えています。

住み始めた時には快適な住まいも、「建付けが悪くなった」、「子供が棚を壊した」など、長く生活をして行くうちには必ず不具合が発生します。 だからこそ、建てた後のメンテナンスがとても重要になるのです。

アビリティ―ホームでは、10年後も20年後も変わらぬアフターフォローを実施していくことをお約束いたします。

安心の保証制度

「ハウスプラスすまい保険」

アビリティ―ホームの住宅は、ハウスプラス住宅保証株式会社の「ハウスプラスすまい保険」に加入しています。 これは、別名住宅瑕疵担保責任保険といい、住宅の構造や雨水の侵入を防止する部分に問題が生じた場合、新築住宅を供給した建築業者が補修を行い、住宅保証機構がその一定割合を保険金として支払う制度です。 保証期間は、引き渡し日から10年間となります。
また、リフォーム物件に対しては、同社の「リフォーム瑕疵保険」で対応しています。

「地盤保証」

表面波探査による地盤調査を行い、地盤指示力・沈下量計算・基礎判定をNPO法人 特定非営利活動法人 住宅地盤診断センターで行います。
当社の地盤保証制度は、「安住」を採用しています。
「安住」とは表面波探査試験の結果に基づいて適切な地盤対策・改良工事、基礎の設計施工を行ったにも関わらず、不動沈下が発生し建物に障害が生じた場合、建物と地盤の修復工事を行うもので、引渡日翌日より満10年間保証されます。

※NPO法人で運営するメリット

NPO法人は、現在50社を超える地盤調査会社(法人会員)で構成されています。
地盤保証制度「安住」は、NPO法人と大手損害保険会社が保険契約を締結しています。一民間企業と大手損害保険会社との契約では、その企業が倒産した場合には保険そのものが失効してしまいます。
そういった不安を全面的に解消するために、NPO法人と大手損害保険会社が保険契約を締結しています。たとえ数社が企業存続が出来なくなったとしても、NPO法人を他の多くの会員が運営していくことが出来ます。
保証開始から10年間、保険の効力が失われることはありませんので安心です。