八王子市でマイホームの夢を叶えたお客様 | アビリティーホーム

たくさんのお子さまに囲まれた笑顔あふれる家

家づくりのエピソードを教えてください。

この家を建てる前は、借家に住んでいました。以前からマイホームを建てたいと漠然とした思いはあったのですが、具体的に土地を探したりするようなことはしていませんでした。
それが、昨年の正月に仕事が休みだったので、たまたま近所の建売り住宅を見学に行き、その話を宮前社長にしました。そこで、宮前社長が具体的に話をすすめてくれたのが、私が家づくりを始めたきっかけです。

私の家づくりは土地探しからスタートしました。上の子が小学校に入学していましたから、学区が変わらない場所、仕事の関係の車が止められるような広い庭、などの条件に合う場所を探してもらいました。もちろん、予算に合う物件です。
そこから、私たち家族に合ったプランを作成してくれました。
私たちの家づくりは、もともと子供たちのためにマイホームが欲しいと思っていながら、なかなかきっかけがつかめなかったところに、宮前社長がうまく導いてくれたと思っています。

家のプランをつくる時にはどのような要望をしましたか?

宮前社長とは仕事仲間なので、アビリティーホームさんがしっかりした家づくりをしていることは知っていましたから、基本的なことはおまかせでした。
その中で、私が要望したのが、みんなで入れるお風呂が欲しいということです。子供たちと一緒にお風呂に入れば1日の疲れが癒されますし、わが家は子供の数が多いので、一度に入れるお風呂が欲しかったんです。

妻は対面キッチンと脱衣所から直接行けるベランダを希望しました。
対面キッチンは、料理をつくっていても子供たちと会話ができますし、子供の様子を見ることができるので、良いみたいですね。
また、脱衣所から直接洗濯物を干すベランダに行けることは、毎日の家事を効率的に行うためには必要なことのようですね。それに、洗濯物を干せる場所を確保することは主婦にとっては大切ですから、雨の日にも洗濯物が干せるように、ベランダには屋根が付いています。

ご自宅が完成することを本当に楽しみにしていらしたそうですね。

家づくりを決意してから、自分の家ができることが本当にうれしかったですね。自分の名前が書かれた材木を見た時には心から感動しました。 妻も同じ気持ちだったと思います。
まだ、子供たちが小さいので、子供部屋は大部屋ですが、子供の成長に合わせて4部屋に区切れるように設計されています。
子供たちは、私たちの喜ぶ姿を見て一緒に喜んでくれていますが、大きくなった時にこの家に住んで良かったと本当に喜んでくれる時が来るのだと思います。

この家でお気に入りの場所を教えてください

この家はすべての場所が気にいっていますが、特に気に行っているのはロフトです。ここは、自分の趣味でディスプレイしています。本当に落ちつく場所で、考え事をしながらお酒を飲んでいると、気が付けば朝になっていることもあります。
それと、子供たちが走り回れるように、できるだけ部屋を仕切らないで設計してくれた点も気にいっています。子供たちがどこにいても気配を感じられるとともに、適度な目隠しもあって、プライバシーが守れるようになっているんです。
また、将来部屋を区切ることも考えて、コンセントを希望以上に付けてくれました。LANも各部屋に入っています。

仕事柄、アビリティーホームさんの職人さんと一緒に仕事をすることが多いのですが、みなさん真面目に良くやってくれます。家族の将来の生活まで考えながら設計やデザインもしてくれました。
私たち家族のために、満足のいく家づくりをしてくれたアビリティーホームさんに心から感謝しています。