住宅リフォーム、マンションイノベーション、店舗リニューアルなどに関する見積りは明朗会計のアビリティ―ホーム

リフォームに関するお金の話

アビリティーホームでは、ご相談をいただいた時に概算のお見積りを提示させていただいています。その後、現場を確認させていただいてから詳細な見積りを提出し、その内容にお客様にご納得いただけるよう丁寧なご説明をさせていただいています。
また、あらかじめご予算が決まっている場合は、その後予算の中で最大の効果が出るような提案もさせていただいています。
そして、見積りにご納得いただき、契約を交わした後は、お客様にご納得いただけないような追加費用は発生いたしません。

リフォームをしようとする時に、お金の心配は付きものです。お金のことで、後で後悔しないために以下の点にご注意ください。

●見積りは直接お受け取りください。

数社のリフォーム会社から合い見積りをおとりになる場合、面倒くさいからと言って郵送で受け取ったり、営業マンが届けに来ても「後で見るからポストに入れておいて」ということはしないでください。

同じ内容の工事であっても、A社は10万円、B社は12万円の見積りを提示した場合に、その内容を確認することができないからです。
見積りの中には「一式」という表現がよくつかわれます。これはリフォーム業者が見積りを作る時に手抜きをしたからではなく、内容があまりにも細かすぎて文章にすることが難しいのでこういった表現になっているのです。
ですから、「一式」の内容は直接担当者と会って確認しなければその金額が高いのか、安いのか判断できないのです。
単に安ければ良いという方もいらっしゃいますが、家は一生住み続けなければなりませんから、数万円の金額をケチったために、後で大きな修繕費用が必要になった例もあります。
合い見積りをおとりになった時には、その金額と内容をしっかりと確認をしてください。

●リフォームは割高になる場合もあります。

「リフォーム工事って高い!」そんなセリフを聞く事があります。確かにリフォーム工事に割高感を感じる方もいらっしゃいます。

その理由の一つは、リフォームは取り合い工事に手間がかかるからなのです。

リフォーム工事を行えば、すべてを新品にしない限り、必ず古い部分と新しい部分がつながる場所が出てきます。
そしてその古い部分に合わせて新しい部分を上手くつなげるための工事を「既存と新規の取り合い工事」と呼んでいます。
要らない部分だけをスパっと切り取って、新しく作った部分をそのまま繋げれば簡単そうですが、そのような工事では境目にスキマができたり、新しい部分と古い部分の継ぎ目がはっきり見えて違和感が残ったりしてしまいます。
少し大きめに壊し、新しい部分を作った後、古い部分にかかるように大き目の範囲で防水や塗装などの補修を行ないますので、実際の補修範囲より大きな部分の工事になり、手間がかかるのです。

もう一つの理由は、リフォームでは少しずつ丁寧に工事をしなければならないからです。
建て替えの場合は古い家屋を機械などで一気に解体します。
しかしリフォームの場合はリフォーム部分だけを少しづつ丁寧に壊していくという作業の連続になり、この解体手間も新築の時より、リフォームのほうが割高になります。
また設備機器など、現在取り付けられているものを再利用する場合にも、再利用できるよう廃棄物とは違う丁寧な取り外しが必要になります。

リフォームの方が安くなると思われている方は多いと思うのですが、施工面積が小さいから低額なだけであって、工事の手間を考えれば、リフォームの方が割高になってしまうこともあるとお考えください。