八王子の工務店、アビリティーホーム取締役 宮前聖美のブログ

カレンダー

2012年03月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
東日本大震災から1年

東日本大震災から1年を迎えるにあたり改めて、震災で亡くなられた方々に

謹んで哀悼の意を表すとともに、被災された皆様に心からお見舞いを申し上げます。

 

平成23年3月11日(金)

その日は当社の社長、そして私の主人宮前孝仁の誕生日でした。

夜は高橋(当社現場監督)が誕生日パーティーを企画してくれていたので、

とても楽しみにしていました。

さらに当社としても初めてのメディア露出が翌日に控えていました。

平成23年3月10日のブログ

このときは、まさかあのようなことが起こるとは夢にも思っていないのがよく分かります。

 

そして14:46地震発生。

社員や職人・その家族等、人的な被害もなくホッとしたのは1時間ぐらいだったでしょうか。

テレビから流れてくる津波の映像や度重なる余震。

「これは普通ではない」と感じるにはあまり時間は必要ありませんでした。

 

それからはお客様の安否確認や建物の損害の調査、計画停電等、その対応に追われました。

数日後には、住設や建材メーカーの工場が被災してしまい出荷不能という情報が入ってきました。

結局、テレビ放映も中止せざるを得ませんでした。

「仕事はあるのに着工できない。」初めて経験することでした。

地震発生直後から数ヶ月間は緊張の連続でした。

 

あれから1年、今もなお数多くの行方不明者がおられます。

被災地で不自由な生活を送られている方々が沢山いらっしゃいます。

悲惨な状況ばかりで、胸が締め付けられます。

当社は11日(日)14:46から震災の犠牲になられた方々に哀悼の意を表するため、

1分間心からの黙とうを捧げます。

 

一日でも早い復旧復興に、微力ではありますが

アビリティーホームは今後も出来る限りの支援を続けて参ります。

 

 

平成24年3月10日

有限会社アビリティーホーム 取締役 宮前聖美

 

=========================================

 

東日本大震災から1年を迎えるにあたり改めて、震災で亡くなられた方々に

謹んで哀悼の意を表すとともに、被災された皆様に心からお見舞いを申し上げます。

アビリティーホーム社員一同、役割と責任を強く認識し、これからも皆様のお役に立てるよう

全力で努めてまいります。

被災者の方々の平安な生活と被災地の一日も早い復旧復興を心からお祈り申し上げます。

 

平成24年3月10日

有限会社アビリティーホーム 代表取締役 宮前孝仁